• ホーム
  • 1年中浴びる紫外線を徹底対策!季節ごとにケア方法を変えて効果的に

1年中浴びる紫外線を徹底対策!季節ごとにケア方法を変えて効果的に

年齢肌のサインでもシミは特に気になりますし、その原因として1番にあげられる紫外線対策を普段から入念におこなっておきたいものです。季節によって紫外線量は異なりますが、夏場だけではなく1年を通して出ていますので対策は必要です。ケア方法は季節によって変えて、スキンケアをより効果的に行っていきましょう。

春はまだ日差しが強くはありませんが、3月から4月にかけて紫外線量はどんどん増えてきます。日焼け止めを塗り忘れたために、赤くなってしまったというケースも多いのがこの時期です。冬場よりも少しSPF表示を上げて、毎日日焼け止めを使うにします。

季節の変わり目でもある春先は、乾燥しやすくなるだけではなく花粉などのアレルギーが影響してお肌も敏感になりやすい時期です。洗顔を優しくすることも心がけて、敏感なお肌をいたわってあげましょう。

夏場は一番紫外線量が多いシーズンですので、SPF表示も50の日焼け止めを毎日使うようにしましょう。家の中にいても紫外線は通過してきますので要注意です。汗もかきやすいですし、水のレジャーにお出かけの際には、日焼け止めを塗り直す事も忘れないようにしましょう。またウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶのもお勧めです。

長時間のお出かけの予定の前には、美白ケアをあらかじめしておくとダメージも減らす事が出来ます、さらに抗酸化作用のあるビタミンCの含まれる食べ物やサプリメントを飲むなどして、内側から対策を行う方法も取り入れていきます。

秋の肌は夏の紫外線のダメージを受けていることもあり、お疲れ気味です。乾燥したお肌はターンオーバーという新陳代謝の機能も乱れてしまいがちですので、メラニンを含んでいる角質の蓄積も気になります。ターンオーバー対策でトレチノインを使ったり、血行促進効果のあるヒルドイドを使うというのもお勧めです。角質の潤いを与えてあげる事も重要なポイントです。

冬場の気温は1年で最も低く、同時に乾燥しやすいシーズンです。紫外線量に関しては1年の中では少ないとはいえ、全く無いわけではありません。そのためSPF50のものを使わなくても、日中美容液で紫外線カットできるタイプを選ぶなどして、上手く取り入れていきましょう。保湿対策が最も重要な季節ですので、しっかりとうるおいを与えられる物を選びます。

紫外線は1年を通して出ていますし、その季節ごとでお肌の状態は変わってきます。その時その時に合った化粧品を選び、お肌のメンテナンスをしていきましょう。

関連記事
肌荒れの原因はいつもの洗顔にあることも!正しい方法を理解しよう 2020年05月27日

スキンケアで基礎化粧品にはこだわっているし、保湿や美白などの有効成分はしっかり配合されている物を使っているのに乾燥やニキビなどの肌荒れに悩まされているという方は、何気なくしている洗願方法が間違っている可能性があります。洗顔の正しい方法を知って、それを実行することはスキンケアの第一歩ですし、今日から始...

ニキビを発症する原因は年齢や部位ごとに異なる!有効なケアや対策を知ろう 2020年04月18日

お肌の悩みの中でも、ニキビが気になるという方は非常に多いです。ニキビはそれが出来る年齢や部位によっても原因は異なりますし、その原因によって有効な対策方法も変わってきます。まずはそのメカニズムや出来てしまう原因を知る事から始めていきましょう。10代に出来るニキビは、主に思春期ニキビと呼ばれており過剰な...

どうにかして消したいシミやくすみに効果的な治療方法と対策とは? 2020年03月21日

年齢とともに増えてくるシミは、年齢肌のサインとも言われていますし気になるものです。日々美白化粧品を使っていても増えてしまいますし、どんどん透明感も失われてきます。美白化粧品には、シミの原因となるメラニン色素の分泌を抑える効果はありますが、出来てしまった物を薄くしたり消したりと言ったところまでは難しい...

シミができる箇所により原因が異なる?部位ごとのケア方法も知っておこう 2020年02月21日

年齢とともにシミが増えてきたと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。シミと一言に行っても、種類も違えば出来てしまう原因も違います。まずはその原因を知る事から始めていきましょう。第一に挙げられるのが紫外線による影響です。紫外線には有害な物質が含まれており、それをお肌のメラノサイトという部分に浴びる事...

カサカサやかゆみを伴う乾燥肌を改善するには当帰飲子や温清飲などの漢方薬が効果的!? 2020年01月25日

カサカサになったり、かゆみを伴う乾燥肌の方は、常日頃様々なケアを行う事が重要です。お風呂上りには保湿効果の高いクリームやローション、またオイルを使ってボディケアをしたり、お湯の温度も40度をこえないようにするという意識も重要です。冬場は特に40度以上に設定してしまう方が多いのですが、乾燥肌の方には体...