• ホーム
  • 肌荒れの原因はいつもの洗顔にあることも!正しい方法を理解しよう

肌荒れの原因はいつもの洗顔にあることも!正しい方法を理解しよう

スキンケアで基礎化粧品にはこだわっているし、保湿や美白などの有効成分はしっかり配合されている物を使っているのに乾燥やニキビなどの肌荒れに悩まされているという方は、何気なくしている洗願方法が間違っている可能性があります。洗顔の正しい方法を知って、それを実行することはスキンケアの第一歩ですし、今日から始めてみましょう。

正しい方法の手順として、一番忘れがちな事がまず手を清潔にしておく事です。特にニキビでお悩みの方は、雑菌まみれの手で洗ってしまいますとニキビの原因菌でもあるアクネ菌が繁殖してしまう事も想定されますので、ハンドソープなどで清潔にしてからスタートです。洗顔料を使う前に、まずは予洗いをしておきます。この時の温度ですが、冷たい水では毛穴もしまってしまいますし、汚れも落ちません。しかし熱すぎると皮脂がなくなりすぎてしまいますので、32度程度に調整して洗う事が重要です。

洗顔料を顔に付ける時には、とにかくよく泡立てます。石鹸やフォーム、リキッドの場合には泡立てネットを使うなどして、こんもりとなるまで泡立てましょう。きちんと泡立てる事でお肌への摩擦を抑える効果もありますし、毛穴までしっかりと綺麗に洗うことができるようになります。最近では泡で出てくるタイプの洗顔料もありますので、泡立てる事が面倒な方はこちらを使うのも便利です。

Tゾーンにのせて転がすように洗ったら、顎とUゾーンにのせて同様に優しくなでるように洗います。ここで重要なポイントとして、擦って洗うのではなく泡を転がすようになでるように洗う事です。手で肌をさわっている感覚がないぐらい泡だてているのが理想です。最後に洗い流していきますが、この時の温度も32度ぐらいが良いでしょう。高すぎると皮脂は流れてしまいますので乾燥しやすくなります。逆に冷たい水ですと汚れが落ち切らないので温度も重要です。髪の毛の生え際など、落とし残しの内容に十分にすすぎます。

水分を拭き取る際にも、やわらかいタオルで優しくおさえるようにして引き取りましょう。ごしごしこするようにタオルで拭いてしまいますと摩擦でダメージを与える事になってしまいます。お風呂場で洗顔をするときには、シャワーを直接当ててしまう方もいるかもしれませんが、刺激が強すぎますのでそれは控えるようにしてください。洗面器にぬるま湯をためて、手ですくって洗い流すようにしましょう。ここまで終了したら、できるだけ早く化粧水など基礎化粧品を使ったケアを行います。

関連記事
1年中浴びる紫外線を徹底対策!季節ごとにケア方法を変えて効果的に 2020年07月04日

年齢肌のサインでもシミは特に気になりますし、その原因として1番にあげられる紫外線対策を普段から入念におこなっておきたいものです。季節によって紫外線量は異なりますが、夏場だけではなく1年を通して出ていますので対策は必要です。ケア方法は季節によって変えて、スキンケアをより効果的に行っていきましょう。春は...

ニキビを発症する原因は年齢や部位ごとに異なる!有効なケアや対策を知ろう 2020年04月18日

お肌の悩みの中でも、ニキビが気になるという方は非常に多いです。ニキビはそれが出来る年齢や部位によっても原因は異なりますし、その原因によって有効な対策方法も変わってきます。まずはそのメカニズムや出来てしまう原因を知る事から始めていきましょう。10代に出来るニキビは、主に思春期ニキビと呼ばれており過剰な...

どうにかして消したいシミやくすみに効果的な治療方法と対策とは? 2020年03月21日

年齢とともに増えてくるシミは、年齢肌のサインとも言われていますし気になるものです。日々美白化粧品を使っていても増えてしまいますし、どんどん透明感も失われてきます。美白化粧品には、シミの原因となるメラニン色素の分泌を抑える効果はありますが、出来てしまった物を薄くしたり消したりと言ったところまでは難しい...

シミができる箇所により原因が異なる?部位ごとのケア方法も知っておこう 2020年02月21日

年齢とともにシミが増えてきたと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。シミと一言に行っても、種類も違えば出来てしまう原因も違います。まずはその原因を知る事から始めていきましょう。第一に挙げられるのが紫外線による影響です。紫外線には有害な物質が含まれており、それをお肌のメラノサイトという部分に浴びる事...

カサカサやかゆみを伴う乾燥肌を改善するには当帰飲子や温清飲などの漢方薬が効果的!? 2020年01月25日

カサカサになったり、かゆみを伴う乾燥肌の方は、常日頃様々なケアを行う事が重要です。お風呂上りには保湿効果の高いクリームやローション、またオイルを使ってボディケアをしたり、お湯の温度も40度をこえないようにするという意識も重要です。冬場は特に40度以上に設定してしまう方が多いのですが、乾燥肌の方には体...