• ホーム
  • ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質含有のクリームは市販でも手に入る!

ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質含有のクリームは市販でも手に入る!

肌がきれいなので満足をする女性

アトピー性皮膚炎の乾燥肌や、血行不良による痛みなど医療の現場でも処方される事が多い保湿剤のヒルドイドは、処方薬のため基本的には皮膚科などで処方してもらって手に入れることになります。しかし、ヒルドイドに含まれているヘパリン類似物質を配合している市販のクリームであれば、ドラッグストアなどでも購入することが出来ます。

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質ですが、この成分に保湿と血行促進、さらに抗炎症作用がありますので同じ成分が配合されているクリームを使えば同様に効果が得られます。皮膚炎や火傷のケロイドを防ぐため、もしくは血行不良による痛みの緩和以外でもアンチエイジングで使われている保湿剤ですし、高い化粧品を使うよりも効果が期待出来るとも言われていますので要チェックです。

軽いローションのテクスチャですっと馴染んで使いやすいのが、ロート製薬から販売されているヘパソフト薬用顔ローションです。ワセリンベースなので保湿力が持続するのに、べたついたりせず顔や気になる部分にポイント使いする事も出来ます。特に顔の乾燥改善目的で作られていることもあり、小じわが気になる方にもお勧めです。

ヒルドイドには、火傷の跡がケロイドにならないように予防するという使い方もあります。血行促進効果があるため、患部の血行をよくして皮膚の修復を早めてくれます。特に傷跡や火傷の跡が気になる方にお勧めなのが、小林製薬から販売されているアットノンです。テレビコマーシャルでも流れていますので知名度も高く、ドラッグストアで簡単に購入することが出来ます。美肌という目的ではなく、同じ成分ではありますが傷跡を目立たなくしたいという方向けに作られています。

アットノンにはコンシーラータイプも登場しており、コンシーラー効果で傷跡を隠しながらケアすることも出来ます。通常の化粧下地とは異なるので、1番最初につけるのがポイントです。ヒルドイドのようにピンクのパッケージで成分も似ているのが、新新薬品工業のピアソンHPクリームです。刺激に弱い敏感肌の方や、妊婦さんでも安心して使う事が出来る保湿クリームです。尿素やステロイド成分が配合されていません。お値段がお手頃なので、毎日たっぷり使えるのも魅力です。クリームとローションがありますので、仕上がりや使用感の好みで選ぶ事が出来ます。市販されているヒルドイドと同じヘパリン類似物質を含む保湿剤もありますので、ニーズに合わせて選んでみましょう。

関連記事
肌荒れの原因はいつもの洗顔にあることも!正しい方法を理解しよう 2020年05月27日

スキンケアで基礎化粧品にはこだわっているし、保湿や美白などの有効成分はしっかり配合されている物を使っているのに乾燥やニキビなどの肌荒れに悩まされているという方は、何気なくしている洗願方法が間違っている可能性があります。洗顔の正しい方法を知って、それを実行することはスキンケアの第一歩ですし、今日から始...

ニキビを発症する原因は年齢や部位ごとに異なる!有効なケアや対策を知ろう 2020年04月18日

お肌の悩みの中でも、ニキビが気になるという方は非常に多いです。ニキビはそれが出来る年齢や部位によっても原因は異なりますし、その原因によって有効な対策方法も変わってきます。まずはそのメカニズムや出来てしまう原因を知る事から始めていきましょう。10代に出来るニキビは、主に思春期ニキビと呼ばれており過剰な...

どうにかして消したいシミやくすみに効果的な治療方法と対策とは? 2020年03月21日

年齢とともに増えてくるシミは、年齢肌のサインとも言われていますし気になるものです。日々美白化粧品を使っていても増えてしまいますし、どんどん透明感も失われてきます。美白化粧品には、シミの原因となるメラニン色素の分泌を抑える効果はありますが、出来てしまった物を薄くしたり消したりと言ったところまでは難しい...

シミができる箇所により原因が異なる?部位ごとのケア方法も知っておこう 2020年02月21日

年齢とともにシミが増えてきたと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。シミと一言に行っても、種類も違えば出来てしまう原因も違います。まずはその原因を知る事から始めていきましょう。第一に挙げられるのが紫外線による影響です。紫外線には有害な物質が含まれており、それをお肌のメラノサイトという部分に浴びる事...

カサカサやかゆみを伴う乾燥肌を改善するには当帰飲子や温清飲などの漢方薬が効果的!? 2020年01月25日

カサカサになったり、かゆみを伴う乾燥肌の方は、常日頃様々なケアを行う事が重要です。お風呂上りには保湿効果の高いクリームやローション、またオイルを使ってボディケアをしたり、お湯の温度も40度をこえないようにするという意識も重要です。冬場は特に40度以上に設定してしまう方が多いのですが、乾燥肌の方には体...