• ホーム
  • シミができる箇所により原因が異なる?部位ごとのケア方法も知っておこう

シミができる箇所により原因が異なる?部位ごとのケア方法も知っておこう

年齢とともにシミが増えてきたと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。シミと一言に行っても、種類も違えば出来てしまう原因も違います。まずはその原因を知る事から始めていきましょう。

第一に挙げられるのが紫外線による影響です。紫外線には有害な物質が含まれており、それをお肌のメラノサイトという部分に浴びる事で防御作用が起こり、メラニン色素が分泌されます。通常であればこのメラニン色素はターンオーバーという新陳代謝の働きで古い角質とともに排出されていきますが、年齢とともにそのタイミングが崩れてくるため、古い角質と共に沈着してシミとなってお肌に現れます。

老人性色素斑と呼ばれるシミは紫外線が大きな原因ですし、予防をすることが第一です。日焼け止めを使う事で、紫外線からのダメージを受けづらくなりますし、夏場だけでは無くできれば1年を通して日焼け止めを使うようにしましょう。最近ではメイクアイテムにもSPF表示された物が増えており、予防効果がありますので上手く使っていきます。

やけどやニキビ跡、化粧品かぶれなどの肌の炎症が原因でシミとなることもあります。これらのシミ跡についても、ターンオーバーは重要ですが、その部分に紫外線が当たる事でより色が濃くなってしまうこともありますので同時に紫外線対策も行います。血行促進してターンオーバーを高めてあげるためには、ヘパリン類似物質が配合されているヒルドイドなどを使うのも有効です。ヒルドイドは皮膚科で処方してもらう事が出来ますが、同じような成分が配合されているクリームは市販されていますし、個人輸入であれば通販でも購入可能です。

30代後半から40代ぐらいの出産を終えた女性に多く見られるのが、肝斑というシミです。広範囲におよび両方の頬に対称的に出来るという特徴がありますが、トラネキサム酸を内服するのが有効です。ドラッグストアでも市販されていますし、美容皮膚科で処方してもらう事も可能です。女性ホルモンのバランスが乱れる事も原因ですが、出来てしまった場合にもレーザーなどを使えばかなり綺麗に治す事が出来ます。

背中などのシミは、海やプールなどのレジャーの際急激に日焼けをしてしまったことが影響している事があります。最近ではラッシュガードを着用する方も増えていますが、特に肌が白い方は防御作用でもあるメラニン色素を作る機能が弱いこともありますので、できるだけ紫外線対策をしてすぐに美白化粧品を使って鎮静することが大事です。

関連記事
1年中浴びる紫外線を徹底対策!季節ごとにケア方法を変えて効果的に 2020年07月04日

年齢肌のサインでもシミは特に気になりますし、その原因として1番にあげられる紫外線対策を普段から入念におこなっておきたいものです。季節によって紫外線量は異なりますが、夏場だけではなく1年を通して出ていますので対策は必要です。ケア方法は季節によって変えて、スキンケアをより効果的に行っていきましょう。春は...

肌荒れの原因はいつもの洗顔にあることも!正しい方法を理解しよう 2020年05月27日

スキンケアで基礎化粧品にはこだわっているし、保湿や美白などの有効成分はしっかり配合されている物を使っているのに乾燥やニキビなどの肌荒れに悩まされているという方は、何気なくしている洗願方法が間違っている可能性があります。洗顔の正しい方法を知って、それを実行することはスキンケアの第一歩ですし、今日から始...

ニキビを発症する原因は年齢や部位ごとに異なる!有効なケアや対策を知ろう 2020年04月18日

お肌の悩みの中でも、ニキビが気になるという方は非常に多いです。ニキビはそれが出来る年齢や部位によっても原因は異なりますし、その原因によって有効な対策方法も変わってきます。まずはそのメカニズムや出来てしまう原因を知る事から始めていきましょう。10代に出来るニキビは、主に思春期ニキビと呼ばれており過剰な...

どうにかして消したいシミやくすみに効果的な治療方法と対策とは? 2020年03月21日

年齢とともに増えてくるシミは、年齢肌のサインとも言われていますし気になるものです。日々美白化粧品を使っていても増えてしまいますし、どんどん透明感も失われてきます。美白化粧品には、シミの原因となるメラニン色素の分泌を抑える効果はありますが、出来てしまった物を薄くしたり消したりと言ったところまでは難しい...

カサカサやかゆみを伴う乾燥肌を改善するには当帰飲子や温清飲などの漢方薬が効果的!? 2020年01月25日

カサカサになったり、かゆみを伴う乾燥肌の方は、常日頃様々なケアを行う事が重要です。お風呂上りには保湿効果の高いクリームやローション、またオイルを使ってボディケアをしたり、お湯の温度も40度をこえないようにするという意識も重要です。冬場は特に40度以上に設定してしまう方が多いのですが、乾燥肌の方には体...